MENU

大人ニキビ、ニキビ跡を改善する方法

ニキビの原因

 

そもそもなぜニキビができるのでしょうか?皮脂の分泌が増えるなどの理由で、毛穴がふさがれてしまう事が原因です。
毛穴がふさがれると、溜まった皮脂が好物のアクネ菌がやってきて、繁殖してしまいます。

 

アクネ菌が増殖してしまう事を防ぐため、白血球が発生し、炎症がひどくなってニキビができます。ニキビで傷ついた肌は、紫外線などの外部からの刺激に弱いため、メラニンが生成され肌を守ろうとします。このメラニンが染み付いてしまうと、茶色や黒っぽいしみのようになってしまう事があります。

 

また、毛穴の損傷がひどいとそれを治すために毛細血管が集中しますが、これが赤い痕のように見えることがあります。
このように、ニキビのケアをせずに放っておくと、そこにニキビ痕ができてしまう事があるのです。

 

 

ニキビが酷くなるとニキビ跡に

 

ニキビ跡は肌のターンオーバーによって改善します。しかし、ニキビのダメージが深部にまで及んでしまった場合、いつまでも治らない事があります。
例えば、ニキビが発生し、炎症によって毛細血管が破裂し、肌の中で紫っぽいニキビ跡が残る事もあります。

 

さらに、ケロイド上に赤く大きく膨らんでしまう場合や、肌が傷ついてしまい凸凹のクレーターのようなニキビ痕になってしまう事があります。
このような状態になってしまうと、治すのに大変時間がかかり、場合によっては皮膚科で処置しないと改善しない場合もあります。

 

ニキビ、ニキビ跡のケア

できればニキビのうちに、できるだけ早い段階でケアをすることが大切です。
ニキビ跡になってしまうと治るのに時間がかかるので、ひどくなる前にケアすることがとても大切です。
皮脂や汚れが気になり洗顔をしすぎる人がいます。しかし必要な皮脂まで洗い流してしまうと、返って皮脂の分泌が増えるためニキビが増えることもあります。日頃から乾燥を避ける保湿ケア、ビタミンCやビタミンB郡などの栄養を摂る事などはニキビケアに欠かせません。ラミューテ美肌セットにはニキビケアに有効な成分が豊富に配合されています。